バズったツイートのリプライには要注意、成りすましかもしれない

| コメント(0)
著名人のツイートや大きく拡散しているツイートに対し、本人によく似たアカウント名で宣伝ツイートをリプライする手口が横行しています。これは思わずご本人のツイートと見間違えそう......。

元々有名人のアカウントのなりすましはあったし、沢山注目されたツイートにリプライする形で宣伝のツイートを添付してリンクを張るという手法はあった(再生回数の多いYouTubeの動画のコメントを見れば分かる通り、ツイッターに限らない)。ただ、成りすましのアカウントをわざわざ作って誘導の宣伝ツイートをリプライするとは......そこまで必至なの? という気がしないでもない。

ただ、元のバズったツイートのボリュームが大きければ、効果も期待できるので、費用対効果の上ではアリだという判断なのだろうな。あるいはインチキ情報商材系でこの類の話がテクニックとして紹介されている可能性はある。

特にパソコンでは無くスマートフォンで関連するツイートを見るとなると、アカウントそのものまで確認せずにハンドルネームぐらいまでしかチェックしないから、ちょいと見では判断し難い。ついつい釣られてしまうかもしれない。アカウントの詐称は比較的容易にできるからね。

「こういう詐欺の手口があるよ」ということを知っておけば、ダマされる可能性は減る。十分にご注意を。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年4月15日 06:46に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「相手にお願いをする時には諸条件を最初に提示すること」です。

次の記事は「外歩きの際に社員章をぶら下げるという意味」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30