「イ良い日ン マ」とかモノスゴイ名前のメモリーカード

| コメント(0)
これらのSDカードはご覧の通り、サムスン電子やサンディスクのデザインに酷似しており、「イセンスドス デ」「アググン」は同じ業者が販売元となっております

先日からちらほらと流れている謎の名前のSDメモリカード。アマゾン側のトラブルじゃなくてマーケットプレイス業者側の問題だよなあ、ということはさておくとして。

元々こういう名前であることはまずあり得ないから、可能性としては「なんかそれっぽい日本語的なワードを並べてアートのようにしている」「元々の言語を無理やり機械翻訳で名付けている」「元々の名前をスキャナで取り込んだら誤判断されたけどそのまま掲載している」のいずれかかなあ、と。

片言の日本語で解説しているページならば、日本語に不慣れなところが出品しているのだなとまだ理解はできるのだけど、これはもうその領域をはるかに超えている。


購入した人の話では、噂の「イ良い日ン マ」は書かれていなかったということだけど。

一部推論にあったので、この謎の文字列をグーグルの機械翻訳を使って「日本語から韓国語」「韓国語から日本語」の順番で翻訳すると、それっぽい文字列が登場する。色々と試す必要はあるけど、それが一つのヒントになるのではないかなあ、と。

まぁいずれにせよ、ブランドをしっかりと確認して購入することが大切だよね、と。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年4月14日 07:03に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「クロネコヤマトの利用者向け新サービスで「カードだニャン」が楽しめるように」です。

次の記事は「「あの作品をすぐに読みたい」という需要」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30