防衛状況が悪化しているとの意見が増加

| コメント(0)
内閣府は6日、「社会意識に関する世論調査」を公表した。


「現在の日本が悪い方向に向かっている分野」について、「防衛」と答えた人が2年連続で過去最高を更新して30.3%(前年比2.1ポイント増)となり、1998年の設問開始以来、初めて3割台に達した。


内閣府の世論調査のうち「社会意識に関する世論調査」に関する報道。ほぼ毎年実施されているものだけど、心境的なものがほとんどで、雑談ネタとしてはともかく、分析の上では調査時点の世論や事件に惑わされがちなので、本家サイトの記事としては取り上げていない。

ただ、今回は色々と考えさせられる内容には違いない。「防衛」が悪い方向に向かっているが3割超えとあるけど、元々山ほどある選択肢のうちの1つに過ぎないし、それを殊更大騒ぎする必要があるのか、ちょいと変だな......と思ってみてみたら、まぁ色々とお察し事案。同一設問の「悪い方向に向かっている分野」で、多数の項目が減少している、つまり少なくとも悪くなってはいないよねという意見が増えているのだな。特に景気とか経済力とかの項目が大きく減っているのが注目できる結果ではあるのだけど、その辺はまったく触れられていない。あ、ちなみに一次資料は【社会意識に関する世論調査】ね。

それより驚いたのは、今回の発表ペース。内閣府の世論調査は通常、週末に報道へ資料を配布、公式サイトへは翌週月曜に概要を掲載、その後詳細を再掲載するのだけど、今件は報道向けと同時にサイトへも詳細が公開されたようで、報じられた時点で内閣府の世論調査ページに詳細値まで掲載されていた。非常に珍しいパターン。あるいは今年度からは同時発表とするようにしたのかもしれない。当方としてはそちらの方がありがたいけどね。

なぜなら今件の方な報道が出された時に、調査結果のどの部分を意図的に抽出して報じているとか、曲解した伝え方をしているのかとかが、すぐに確認できるからね。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年4月 7日 07:03に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「エポックの新作ガチャはワンちゃんのほっぺをぐにゅーとできるアイテム」です。

次の記事は「新人教育を受ける側のコツ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30