悪意のある投稿をすると「すっとする」という意見は10代から20代に多い...ということだけど

| コメント(0)
インターネット上の「投稿」に関する調査結果が先日、SNS上などで話題になりました。情報処理推進機構(IPA)が公開した「2017年度情報セキュリティに対する意識調査」によると、インターネット上に投稿した経験のある人のうち、「悪意のある投稿」をしたことがある人が22.6%。投稿後の心理は「気が済んだ、すっとした」が最多(35.6%)で、前年比4.3%増。特に10~20代で他世代より高い傾向が見られたといいます。投稿理由としては「人の意見に反論したかった」などが上位を占めています。

こんな調査結果いつ出たっけと確認したら、昨年末の話。速報で無ければ掲載しちゃダメってことではないのだけど、なんでこのタイミングで......と思いつつ、内容としては若者は悪意のある書き込みをストレス発散的にやりがちだよね、という話。まぁ、分析内容そのものは専門家のお話だしケースバイケースってこともあるし、賛否評価はちょいとおいとくとして。

一次資料となる「2017年度情報セキュリティに対する意識調査」は大変に興味深い。属性ごとの回答数が少なめなので統計的なぶれが生じているのには注意が必要なんだけど、いわゆる掲示板などでの荒らし行為をする側の心理状況の一端が垣間見えて面白い。

興味深いのは大元の記事で取り上げられた、悪意ある書き込みをした後の心理状況。コメントでも触れているけど、「悪意がある」と書き手が認識している内容の書き込みをした後で、何も感じなかったとする回答は高齢者の方が多いんだよね。自分が悪い事を書いたと認識した上で、感情的な起伏が生じないってのは、それはそれで怖い話ではあるように思えるのだけど、どうなんだろうね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年4月17日 07:08に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ジャンプの人気キャラとコーヒーのコラボ缶登場」です。

次の記事は「年を取ると集中できる時間が短くなるのは...」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31