ねこ様のしっぽふりふりなドアノブ

| コメント(0)


指摘されてみれば確かに猫のあのふりふり尻尾はドアのノブに似ている。けれどそれが体現化されているとは思わなんだ...っていうかこれ、コラとか自作とかネタものとかじゃないってのがすごいところ。発想は誰でもできるんだけど、それが商品化されているとは。


万が一ということもあるので検索したけど、やはり実在した。長沢製作所というところの、わんにゃんレバーハンドルというもので、ねこだけでなくいぬのタイプもあり、サイズも色も色々。

これをつけているから犬や猫関連の運がよくなるという話では決してないのだけど、日々用いるドアのノブでしっぽふりふりをされると、ちょいとほほえましくなってしまうものがある。

ドアノブそのものがそう簡単に取り換えるものではないのですぐに変更しようというレベルのものではないけど、こういうものが存在するんだよということを知っておくのは悪い話では無い。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年3月25日 07:03に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「アマゾンのデリバリープロバイダの話」です。

次の記事は「外回り用のデジカメあれこれ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30