ゲーム電卓がリニューアル、ってゲーム電卓って何だろう

| コメント(0)
カシオ計算機は3月15日、電卓にシューティングゲーム機能を加えた「ゲーム電卓 SL-880」を23日に発売すると発表した。1980年に発売して人気を集めたゲーム電卓「MG-880」(デジタルインベーダー)を現代向けにアレンジし、復刻した形だ。オープン価格で、実売予想価格は2000円前後。

ゲーム電卓がリニューアルして登場するという話で、画面に出ているのは何だか文字欠けの数字。なんでこれがゲームなんだろうと見て見たら、「右側から攻め込んでくる侵略者の数字に、ビーム砲(「・」「+」キーで操作)の数字を合わせて迎撃する。ビーム砲台は3基あり、侵略されるごとに1基ずつ減る。得点は侵略者を迎撃した位置によって決まり、撃墜した数字の合計値の末尾が0になると出現する「UFO」を撃ち落とすと300点が加算される」とのこと。ああ、インベーダーゲームを数字の欠けを使って再現したのだな。


デジタル系の機器がまだほとんど無かった頃には、こんなゲームでも大いに受けたらしく、漫画にも登場したとの記録もある。仕組みはシンプルだし、当時遊んでいた人には懐かし思えるだろう。まぁ、探せばアプリゲームでもあるはずなので、ゲームそのものはすぐに遊べるのだろうけど。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年3月16日 07:04に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「モスが色々新商品、混ぜると色が変わるドリンクとか不思議すぎ」です。

次の記事は「女性のバスト問題色々と」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30