モスが色々新商品、混ぜると色が変わるドリンクとか不思議すぎ

| コメント(0)
モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービス(代表取締役社長:中村 栄輔、本社:東京都品川区)では、2018年3月27日(火)~7月上旬まで、全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)にて、「ラベンダーレモネード(レモン果汁1%使用)」(350円)を期間限定で販売します。

喫煙関連も影響しているとの指摘もあるけどその裏付けとなるデータが取れないので留保するとしても。昨今のハンバーガーチェーン店ではマクドナルドとモスバーガーの勢いが全く逆転した感じであるのは否めない。何か特段ヘマをやらかしたような話は聞いていないのだけど、少しずつ変わって行ってしまっているのかなあ。少なくとも数字的には、ちょいと前からのマクドナルドの変貌ぶりとほぼ同じようなタイミングで、モスが足踏み状態になったような雰囲気はある。

で、これまでのモスでは考えられないような奇抜なアイテムが今回の不思議ドリンク。混ぜろと色が変わるとか、ねるねるねるねみたいだな、これ。成分的に変なものが入っているのではなく、「ハーブティーには酸性のものを加えることで色が変化する「バタフライピー(※1)」というハーブがブレンドされており、ハニーレモンシロップを混ぜ合わせることで、青から紫やピンクなどの鮮やかな色に変化します」とのこと。これは子供に大うけしそうだ。

モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービス(代表取締役社長:中村 栄輔、本社:東京都品川区)は、2018年3月27日(火)~7月上旬まで、全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)にて、「玄米フレークシェイク いちごぜんざい」(レギュラー380円/プチ280円)を期間限定で販売します。

個人的にはフレーク入りのスイーツは大好きなので、むしろこちらの方がありがたい新商品かな。ぜんざい的なシェイクってのは魅力的ではある。もちもち感とシャキシャキ感、そして餡子の甘み。想像しただけでちょいとヤバい。

こちらも3月27日から発売開始。ちょいデザのサイズも用意してあるのはありがたい。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年3月16日 06:54に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「トイザらスが米国店舗を閉鎖との報」です。

次の記事は「ゲーム電卓がリニューアル、ってゲーム電卓って何だろう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31