南蛮とスープと、カレー好きにはたまらない新商品

| コメント(0)
東洋水産株式会社(本社:東京、社長:今村 将也)では、カップ入り即席麺「マルちゃん おそば屋さんのカレー南ばんそば」「同 青いちゃんぽん」を2018年3月12日(月)より、全国にて新発売致します。


「赤いきつねうどん」「緑のたぬき天そば」でおなじみの、マルちゃんの和風麺・色シリーズより、新商品の登場です。この度の商品は、和風だしを利かせた風味豊かな「おそば屋さんのカレー南ばんそば」と、海鮮の旨味を利かせた「青いちゃんぽん」です。これからの季節にぴったりな、そばとちゃんぽんを一品ずつラインアップへ加え、更なるシリーズの強化を図って参ります。


お蕎麦屋さん独特のカレーメニュー、カレー南蛮。普通のカレーとはまた一味違った独特のカレーの味わいがカレー好きにはたまらない。赤いきつね・緑のたぬきの次は茶色い南蛮とか...これはなんか違うな(笑)。

ただ、赤いきつねにしても緑のたぬきにしても、自分でカレーを入れて楽しむとそれなりに美味しいので、専用のカレー味のつゆとなればどのような味わいなのか、かなり期待したいところではある。あの独特のだしが利いたカレーの味がどこまで再現されているのかな、と。

現在販売中の「素材を生かしたカレー」シリーズのスープカレーです。スープカレーはさらさらのスープ状のカレーと大きくカットした野菜がごろごろ入った、食べごたえのある具材感が特長です。キレのあるスパイシーなカレーソースに野菜一つ一つの旨みが溶け込んだ、味わい深い内容に仕あげました。鶏肉の旨みが生きた「チキンとごろごろ野菜のスープカレー」と、根菜中心に野菜だけの具材と香り高いカルダモンが特長の「根菜のスパイシースープカレー」の2アイテムで展開します。今回新たにスープカレー2種を発売し、レトルトカレーの品揃えを拡充していきます。

こちらは無印良品のカレーシリーズのスープなカレー。しかも二種類も登場する。カレーそのものとは少々異なる食感で、お気軽に食せるとの観点ではこちらの方がポイントは高いかもしれない。スープ感覚で軽食としても食べられる、とか。

税込で1人前が490円ってのは正直お高い感があるので、ご褒美アイテム的なポジションになるのかな。「チキンとごろごろ野菜のスープカレー」は野菜たっぷりなのが見どころなので、体調がいまいち優れない時などのエネルギー補充のために常備しておきたいところではある。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年2月27日 06:54に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「スキヤキなカップヌードルとか出る時代」です。

次の記事は「「大統領自身が銃の被害を受けないと銃規制しないのではないか?」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30