強炭酸が流行っているそうな

| コメント(0)
コカ・コーラシステムは、大人のための炭酸飲料「カナダドライ」ブランドから、日本コカ・コーラ史上最高のガスボリューム(*)による強い刺激とキレのあるおいしさにこだわった強炭酸水「ザ・タンサン・ストロング」、国産レモンエキス入りのレモンフレーバー強炭酸水「ザ・タンサン・レモン」を2018年3月26日(月)より全国で新発売します。

プレスリリースにもある通り、炭酸の勢いが強い「強炭酸」系の炭酸飲料が流行っている。例の某アルコール飲料のストロングなんちゃらは炭酸の強いもので知られているけど、最近は炭酸系そのもののセールスが今一つの感で、ディスカウントストアに山積みされている量が増えていたり、割引率が高くなっている気もするのだけどなあ......強くない炭酸のセールスが弱いってことなのか。もっとも、強炭酸という商品そのものは、昔にもジョルトコーラなるものがあったから、最近になって登場し始めたってわけでもない。


で、ちょいと調べてみたら強炭酸に関するニュースが相次いで。何だろうこの偶然は。一応タイトルでは「炭酸水」ってことで、お酒などで割るタイプの単なる炭酸水(炭酸飲料とかじゃなく)が注目されているってことにってるけど、強炭酸系の話ももりもり入っている。

まぁ、炭酸の強い炭酸水は確かに冷やして飲むと、カロリーなどをほとんど気にせずに炭酸飲料的なシュワり感を楽しめるし、トイレが近くなるのでダイエットにも良いとかいう話もある(真偽のほどは分からず)。当方は胃腸の問題があるので、いたずらに刺激を与えるのはどうなんだろうって懸念もあるから避けてはいるのだけど。

ともあれ、需要があるのならばそれに対応して供給すること自体は悪くない。問題は炭酸飲料と違って強炭酸とか炭酸水って差別化が難しいんだよね。あまり強くし過ぎるのも飲み物じゃなくなってしまうし(笑)。その辺りが難しいところではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年2月 8日 06:23に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「電子書籍は売れないのではなく売れる可能性が生じるまでの話」です。

次の記事は「ミスドでラキューな景品登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31