ダブダブチはマクドナルド復活の象徴

| コメント(0)


前社長のデフレ脳的な、あるいは疫病神的な戦略などから不審にあえぎ、社長を交代したけどどうも内部的なプロデューサーなり代理店にすっとこな部分があったらしく、しばらくは低迷が継続していたマクドナルド。異物混入やら素材品質管理問題で一気に爆裂し、その後ようやく復活しつつある。過去の資産を活かしつつ、高級品とジャンキーなアイテムの二本立てで攻めるってのは、マクドナルドの本質を分かってるという観点で、王道であり正道なのだろうなあ、と。いまだにオヤジギャグ的なキャッチコピーを使っているのはいただけないけど。

で、今回機会限定で発売された、ダブダブチ。要はダブルチーズバーガーのダブルってことなんだけど、先に記事にした通り、半ば冗談で語っていたネタが体現化したってことからも分かるように、マクドナルドのジャンク的アイテムの行き着く先的存在ではあるんだよね。とにかくパティ、安っぽいけど何だか気になる存在のお肉、それをしこたま食べたいという、マクドナルドの本質、二極化のジャンキー部分の行き着く先的存在な気がする。

某ロッテピーのように、10枚とか20枚とかをネタ的に登場させちゃうと逆に興ざめしてしまう。4枚、あるいは5枚ぐらいまでが個人ベースで食べられる、色々な意味で満足できる限界ではある。その意味でも、ダブダブチは奇跡的な一品に違いない。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年2月 3日 06:46に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「自転車専用レーンが雪の跡」です。

次の記事は「ツイッターとアマゾンが提携してチップシステムってできないかなあ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31