自転車専用レーンが雪の跡

| コメント(0)


先日文字だけで言及した、降雪後に歩道と車道双方の雪が寄せられるので、自転車専用レーンが雪そのものと雪が溶けてできたアイスバーンでえらいことになるとした件。少々遠回りをして写真を確保。今後何かの機会に話に挙げるかもしれないからね。

で、単に歩道と車道の板挟み的な結果として雪が寄せられたってだけではなく、車道や歩道と比べて利用度合いが低いので、踏まれたりして溶けたり砕けたりする機会が少なく、結果としてこんな感じに残ってしまったのかもしれないなあという気もする。反対側の自転車専用レーンではこのようなことはほとんど生じていなかったので、日当たりも関係しているのかもしれない。

ともあれ、自転車専用レーンがこのような状態だと、危険極まりない。自転車でこの場を通る場合、この上を走る訳にはいかないので、歩道そのものか車道を走らねばならないのだけど、いずれにしてもリスクは非常に高くなる。あるいは専用レーンが用意されていなければ、自動車がこのエリアも走る可能性があり、結果として固まらずに溶けていたのかなあと思うと、色々と考えさせられる次第ではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年2月 3日 06:35に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ローソンのバレンタイン攻勢、艦これコラボ的商品も」です。

次の記事は「ダブダブチはマクドナルド復活の象徴」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31