ローソンのバレンタイン攻勢、艦これコラボ的商品も

| コメント(0)
株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増 貞信、以下「ローソン」)は、2月6 日(火)より順次、全国のローソン店舗(13,005店:2017年12月末現在、「ローソンストア100」を除く)で、バレンタインデーに向けて「ベルギーショコラのもっちりとした生どら焼」や「レモン&バーベナ香るチョコレートケーキ」など、和風と洋風のチョコレートデザート5品を発売いたします。

義理チョコがどうとかいう話もあるけど、街中にチョコレートの飾りが華やかに満ち溢れ、甘い香りが漂うのは悪い話じゃない。企画者側がどのような思惑でこれを作ったのかなあと考えるのも、いとおかし。で、ローソンではバレンタイン向けのチョコレート商品をいくつか新規に登場させるという話。

商品ラインアップの限りでは、ギフトとしての商品というよりは、ちまたにチョコがあふれているので、これに併せて自分用として買う人、いらっしゃーい的な感は強い。義理チョコとしても何か雰囲気が違うからね。つまりは多分に、便乗商法的なもの。でもそれがいい。チョコ好きにはむしろありがたい...けど、この時期、男性はチョコを買いにくいのも否定はしない(笑)。


バレンタインデーに併せてってことでも無いのだろうけど、いやあるのか、艦これに登場する九三式酸素魚雷を模したチョコエクレアも登場する。いや、確かに酸素魚雷は細長いから、エクレアに似ているといわれりゃ否定はしないけど、かなり無理やりっぽい。これならコッペパンとかもありだよね。まぁ、大ボリュームのエクレアはうれしいところなので、これも良しとしよう。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年2月 3日 06:28に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「エンゲル係数は当初の意味合いはすでに失われている」です。

次の記事は「自転車専用レーンが雪の跡」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28