YouTubeで広告掲載の基準が厳格化されたぞ

| コメント(0)
ユーチューバー難民が増える!? 米IT大手グーグルが16日、傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」の新規約を発表。昨年末に人気ユーチューバーのローガン・ポール氏(22)が"樹海動画"で大炎上したことを受け、暴力的、差別的な動画には広告が付かないことになった。さらに、ユーチューバーの評価方法を動画の再生回数から、チャンネル登録者数と年間視聴時間に変更する。これをやられて困るのは月に数万~数十万円の"お小遣い"を稼いでいた中堅ユーチューバーたち。無収入になる者も出てきそうだ。

簡単に説明すると、これまで事実上誰もが容易にYouTube上に上げた自分の動画に広告をつけて広告収入を得られていたのが(一応今でも再生回数の下限はあったけど)、今後は一定のアクセスと登録者数が居ないとつけられなくなるよという話。ロングテイルの尻尾の部分をざっくりと切るという感じかな。


で、指摘されている通りこの規約の改定で、それなりにアクセスを集めて登録者数がある動画主で無いと、広告の掲載は出来なくなった。具体的にはは「チャンネルの過去12か月間の総再生時間が4,000時間以上」「チャンネル登録者が1000人以上」の2条件をクリアすること。現行の規約で広告を出せている人も、この条件に合致していないと、一定の猶予期間ののちにパージされてしまう。

元々規約を厳しくする予定はあったのだろうけど、例のスットコなヘイトユーチューバーが狼藉を繰り返しているので前倒しになった感は強いんだよねえ、これが。一部の例外がグレーゾーンを荒らすと、皆が迷惑を被ることになるという好例ではある。

ちなみに当方のチャネル【fuwarinytb】は登録者数922人、再生時間は...不明、なので、クリアしていないのでパージされてしまう。まぁ、ここ数年は動画を登録していなかったので仕方が無いけど、レゴ関係を中心にまた動画を作ってもいいかなあ、とか考えてもいたりする。リソースの工面が大変だけど。バーチャルユーチューバーの仕組みがもっと容易になれば、やってみるのも面白そうだけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年1月21日 06:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ビットコインとグーグルトレンドと」です。

次の記事は「レゴ ガリガリドリルカー(60186)完成」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31