ビットコインとグーグルトレンドと

| コメント(0)
ビットコインバブルが破裂するよりかなり前に、ビットコインの検索数は激減していたことが興味深い。

グーグルトレンドというのは対象となるキーワードがどれだけグーグルで検索されたのかを時系列的に知ることができるツール。あいまい検索はしてくれないので、検索する側のぶれ、いい加減さまでは考慮されないのだけど、大よそその言葉がどれだけ積極的に検索されたか、情報を求められているのかを掌握することができる。インフルエンザのような流行する病の実情を察知したり、社会的な流行り廃りなどの動向をある程度確認することができる。まぁ今流行りのビッグデータ的なものだな。

で、ビットコインの検索数動向と、実際のビットコインの相場が連動しているという興味深いお話。厳密には検索数の動向がやや先行する形で値が動いているというもの。まぁ、まだ上げ下げの連動性における絶対数が多く無いし、あくまでも相関関係でしかなく因果関係は無い。何らかの交絡因子があるのかもしれない。

他方、ビットコインは現物の裏付けがない以上、純粋に人々の興味が減れば需要も減り、価格も落ちていくとの考えもできる。もっともその考えだと、暴落しても注目を集めるから検索数は増えてもおかしく無いのだけど......そうならないのは、暴落すると検索するどころじゃなくなるからかな?


ともあれ、株式におけるテクニカルな投資方法と同様の考え方であり、しかも原理的には連動性はさらに高いことになる。企業や現物の作柄のような物理的な事情に直接・間接的な影響を受けることもあまりない...となると、機械的な投資ロジックが生まれやすいってことでもあるのかなあと思ったりもする。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年1月20日 07:51に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ローソンの新作アイテムはわくわくどきどき」です。

次の記事は「YouTubeで広告掲載の基準が厳格化されたぞ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31