共同通信の印象操作的な不当記事とその報道姿勢と

| コメント(0)


疑惑でも何でもない話をさもゴシップ紙でのエンタメ系記事のように下衆な形で書き騒ぎ、四方八方からツッコミを受けると何もなかったかのように記事を差し替える。報道界隈で最近流行の(?)「ごめんなさいね、てへぺろー」すらない状態の記事展開を、よりによって通信社がやらかしたという話。「ジャーナリズムの死そのもの」とはあるけど、むしろ報道と自称する界隈に元々ジャーナリズムなど無かったのではないか、だから死にようもないよね、存在しないのだからというのが当方の考え。立て看板が本物の人間で無いことがバレた、ぐらいな。


このような状況が発生すると指摘の通り、必ずと言ってよいほど萎縮を招く、良い人もいるという反論をいただくことになる。しかしながらこれまでそういう話で擁護されてきた結果が現状なのであり、筋は通らない。そもそも、おかしなことをしておいて、萎縮云々ってのは奇妙な話では無いかな。

言い回しが間違っていたり誤字があったり事態が動いたりしたなどで、一部の差し替えをすることはある。間違いとかは誰にでもある。ただ今件の場合は指摘の通り、そういうレベルを超えた話。チェック体制の不備とあるけど、むしろチェック体制そのものの本質的な問題ではないかな、と。今件も、単に騒がれたので大人しいものにしようというだけかと。体制不備の結果としての認識は無く、たまたまバレた、悔しいけど代えないとうるさいし、ぐらいかと。差し替えた後の説明が無いってのも、その裏付けになる。よくないことをしてしまったとの認識が無い。ハエが入って指を突っ込んだままでラーメンを出して、それを客に指摘されたら、黙って何の説明も無く取り換えたぐらいのレベル。


報じられてからまだ1日も経過していないけど、共同通信のアカウントを使った記者の言及も併せ、あらゆる方面からあらゆる面でのつっこみが入っている。見方を変えると、このようなおかしな「報道」でも、以前は個々が首を傾げるだけでそれを情報として共有し、異議あり的な指摘ができなかった、成すがままだったということなんだよね。よくよく考えて見ると、非常に怖い話ではあるし、この類の「報道」にどれだけの日本における損失が生じ、ミスリードがなされてきたのかと思うと......ねえ。


芸能やエンタメ感覚で政治や経済、科学方面の記事を、新聞社や通信社の前線に出ている記者がドヤ顔で書いて世論を扇動するのは、確実に社会にとってマイナスの影響を与えている。船のかじ取りをする人、航路図を読む人がスットコなのと状況は同じ。

リソースが足りない、人材が不足しているから、と業界関係者は言い訳をするけど、メディアにとって情報は商品。その商品の品質に問題があれば、企業全体、さらには業界が疑われても仕方がない。例えばメディアの方々は、自動車や食品の品質に問題があれば、企業そのものを糾弾するよね?

新陳代謝、淘汰があればここまでの質の劣化は無かったのだろうけど、閉鎖的な業界ゆえにむしろ質は時の流れと共に劣化が進むばかりだったのだろう。悪い方向に先鋭化。......いや、あるいは元々このレベルでしかなく、昔は騙されていた、隠されていただけだったのかもしれない。

テレビ局の素材を求める姿勢、新聞社の中の人達、しかも相当な上位層にいる方々の記事への姿勢や言及内容の数々がネットの、特にソーシャルメディアの普及によって明らかになったのも、メディアの「実情」を認識できる良い機会だったのには違いなく。しかも今もなお、その状況は継続中。

既存メディアの特性は一過性と印象付け、ネットの特性は蓄積性・履歴性と検索による可視化。この違いを理解せず、既存メディアの様式のままで判断・行動しているので、容易に「可視化」されるわけなのだな、と。

「社会の木鐸」を自称するのなら、その木鐸を持つだけの資格と品質と能力を持ち、鳴らす事の意味をしっかりと理解しなきゃいけない。自分の好き勝手の木鐸を振り回して、嫌いな人の頭に打ち付けたり、世間を扇動して楽しんだり懐を温めたりしちゃあ、絶対にいけないのだよね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年1月26日 08:00に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「紙媒体で出版市場は縮小。電子を合わせても縮小」です。

次の記事は「ジャイアントパンダとのコラボなランチパック、その発想は無かった」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31