トラブルは自分が起こすだけでなく、他人のに巻き込まれる場合もある

| コメント(0)


先日の関東での大雪で降雪当日に傘をしながら子供をのせて突っ走る自転車を見て、ヤバいよヤバいよと出川先生がダース単位でエグザイル状態だったのを思い起こしながら。ただでさえ子供の重量で自転車の安定感が欠けているというのに、雪で視界は悪いしスリップしやすいし......的な。

で、その後気温が下がったこともあり、雪が溶けきらずにそのまま凍ってしまい、アイスバーンやらスケートリンク状態になって、リスクはむしろ増した状態に。中途半端に溶けたりしたのが凍っているので、でこぼこでつるつるという、大変な状態。

そのような環境下での走行は、自動車でも自転車でも非常に危険。さらに問題なのは、自分がどれだけ注意深く、慎重に運転をしても、スットコな第三者によるもらい事故の可能性が否定できないってこと。下手すりゃ歩道をがっつりと歩いていても、アレな運転による自転車や自動車の事故に巻き込まれかねない(このような環境では慎重に、しっかりと備えた上でも事故を起こしてしまう可能性もあるけど)。


タイヤの付け替えはもちろん、無謀な運転をやらかす人は必ずいる。そういう人によるリスクの体現化が生じやすいのが、今回のような積雪後の日。「ヤバい車に近寄るな」は確かにそうなんだけど、自分が自動車に乗っているのならともかく、自転車や歩きの場合は見きわめしている余裕などない。自転車ならばなんとか避けられるけど。

それこそ敵と味方の弾が飛び交う最前線にいる心境で外出した方がよい、それぐらいの心構えが必要なんだろうなあ、と。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年1月25日 06:57に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「生活保護とギャンブルの件」です。

次の記事は「100均のハンディシーラーが意外な便利さを」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31