毎日が同じ、日々平凡もまた善し

| コメント(0)

年末となると世間一般がどたばたしてくるし、当方のサイトへのアクセスが減ってきて色々と頭を抱えたり(それは別に他人さまには関係ない)して、日常とは別の空気が世の中に蔓延する。師走とはよくぞいったものだと思うのだけど。

自由業や自営業の方の中には締切が早まったり年末のイベントに向けたラッシュがあったりで忙しいかもしれないけど、それを別にすれば年末年始など無いという人も結構いるかもしれない。そういう人を勤め人が見たら、お正月ものんびりできないってかわいそう、ブラックではと思うのは当然だろう。

でも、それもまた人としての生き方としては、本人が納得、満足しているのなら、アリだと思う。

日々是平穏、毎日が同じ。それを繰り返せることこそが最大の幸せ。安寧こそが一番のエネルギー。そういう生き方もありだし、性質によってはそういう生き方がベストだという人もいる(無論、望まないことをやらされているのなら話は別だけど)。

当方もできるのなら、そういう生き方をしてみたいものだ。経済的、健康的な自由が欲しい、的な。まぁ、宝くじでもぼーんと当たらないと難しいだろうけど。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年12月29日 07:28に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「お年寄りとお餅と」です。

次の記事は「「メディアを叩くとジャーナリズムが滅びるから止めろ」というけれど」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31