ねこの奇抜なシャツを着ろというのか(同意)

| コメント(0)


猫は世界共通の集客アイテムに違いなく、動画でも写真でもワールドワイドにアピールができる、数少ない素材ではある。言葉は分からなくても、なんだかいいねえという魅力を覚えるのは、きっと猫が魔力を秘めているからに違いない(待て)。

先日サイバーマンデー関連で色々とアマゾンそのものや関連記事を検索していた時に推奨されたのが、このブランドシャツ。ブランドといっても、こういう奇抜な動物のデザイン、しかも猫が中心のシャツ。スペースキャット的なノリで、意味不明な、サイケデリックとでも表現できるのかな、な猫たちのアクションが描かれている。

このまま心理描写用のイメージカットとしても使えそうなビジュアルだけで、これがこのままシャツになったとなると、色々な意味で注目を集められるのには違いない。外服として着ていくのにはちょいとした勇気がいるけど。

今件のようなデザインのポイントとしては、このようなスタイルの絵を描く、作るセンスがあれば、版権とか販売地域を気にせずに展開できるってこと。当然、言葉もいらない。ビジネスのポイントでもあるわけだな、この奇抜猫デザインのシャツって。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年12月10日 07:11に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ソースの熟成と楽しみ方と」です。

次の記事は「オレオがNoir(ノアール)になった、的な」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31