知ってる言葉に例えると超覚えやすいよね

| コメント(0)


トリガーとなったツイートはつい先日のだけど、元ツイートがこちらだったのでこちらを採用ということで。リズム譜の早見表として読み方とそのリズムがどんな言い回しと同じなのかを示したもの。「タータタ」と言われても分からないけど「ラーメン」ならダイナミック分かるよね。しかもこれ、今気が付いたのだけど、上から下に読み通すと、ちゃんと文になってる。「ラーメン、ステーキ、ケーキ、カレー、カロリー(を考えると)、やっぱり食べ過ぎ、ストップ」ってね。

こういうのは考えるのが結構大変なんだろうけど、完成品を見るとスゴイよなあ、センスあるよなあと感激してしまう。


で、こういう話があったので、探してみたらアマゾンにありましたということで。例の食いしん坊で食べ過ぎだなのお話でリズム譜を覚える件も、アマゾンのサンプルページに掲載されていたりする。

当方は音楽ができるできない以前のレベルでこの類の本も手をつけられるものではないのだけど、こういった構成の仕方、センスってのは見習いたいよなあ、と思う次第ではある。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年11月26日 07:53に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「耳が遠くなる」は2つのプロセスの断絶によるもの」です。

次の記事は「原作の実写化でアレな作品ができやすい理由」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30