ファミマがコインランドリー事業に参入との報道

| コメント(0)
コンビニエンスストア大手のファミリーマートは23日、コインランドリー事業に参入する方針を明らかにした。都市部を中心にコインランドリーの利用者は増えている。ファミマは2019年度末までに、コインランドリーが使える店舗を約500店展開する計画だ。

現時点で公式のリリースは確認できず。発表があるとしたら今日の夕方以降かなあ、という気が。当方の行動領域内にあったコインランドリー専門店は少し前に廃業して更地になってしまったし、需要があるのだろうかと思ったのだけど、説明を読んで納得感。

ついで買い需要目的のための、集客アイテムとしてならば十分にそろばん勘定は合う。コインランドリー単体で利益はでなくてもいいわけだ。

よく考えてみたら、洗濯をしている間は暇を持て余すことになる。その間はコンビニで買い物をしてね、とアプローチができる。この発想なら、本屋とかデパートでもいいような気がするけど、双方とも店の面積が広いから、洗濯ものそのものと距離が離れるので心配になるかも。その点、コンビニならノープロというわけか。

一人暮らし世帯が増えてくると、洗濯機の稼働も面倒になる。その観点でもコインランドリーの展開は悪い話では無い。具体的にどのようなビジネスモデルとなるかは公式発表待ちだけど、この発想は素直に評価したいところ。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年11月24日 06:03に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「完売したら負け」になるほど感」です。

次の記事は「そこらにさりげに置かれているあれこれをじっくりと見たい時の「街角図鑑」とは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30