断面図が堪能できるケーキカタログ

| コメント(0)


なぜ断面図があるとスケベなのかはご想像にお任せするとして。ケーキはスポンジの上に飾りをちょこんと乗せたシンプルなものではなく、色々な層に多様な具材を織り交ぜており、フォークやナイフを刺した時の驚きと、口に含んだ時の色々な味わいの楽しみが、大きな魅力ではある。その観点では、単に原材料として何を使っているのかだけでなく、切り取り断面図を見せてくれるのは非常にありがたい。


最初に話題に上った伊勢丹のケーキカタログでは、オンライン版でも全部のケーキではないけれど、多分において断面付き、さらにはその断面から見える構成具材の説明付きのものもある。これは確かにありがたいし、見ているだけで幸せになれる。

カタログを作る側としてはひと手間もふた手間も余計にかかるけれど、確実にそうでないものと比べて客寄せにはなるし、購入する比率も高まるはず。コストパフォーマンスの勘定が必要だけど、こういう手間には惜しみない賛美の評価をしたいところだな。

まぁ将来的にはVRで見せてくれるってのも出てくるのかもしれないけど。単価を考えると大型ケーキ、例えば式場でのケーキぐらいにしか使えないだろうけどね。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年11月14日 06:41に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「マクドでクレカが使えるようになるぞ」です。

次の記事は「「SNSで知り合った人と容易に会う」のは危険かもしれないけど、今に始まった話じゃない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30