「ソーシャル与信」という概念

| コメント(0)


考え方としては以前からぼんやりとした形で認識はしていたけれど、言葉としてがっつりと体現化する事で、その姿がよく分かってくる良い例。「ソーシャル与信」。うん、まさジャストミート。

意味としては説明の通り。ソーシャルメディアでの発言の数々か、その本人のこれまでの行動の裏付けとなるということ。クレジットカードの過去の利用方法次第で借入額が増えたり減ったり、ローンが組めなくなるのとまったく同じ。「過去の行動の精査と、その結果から判断される格付け」という観点では。ああ、格付け会社の格付けも同じ概念か。

就職周りではすでに導入されていると判断しても良いだろう。だからこそ、実名を使わずにハンドルネームの利用に徹して、実名との結びつけをされないようにという注意は、学生などの就職をしていない人への注意としても聞いたことがある。まぁ、変なことをしていないとの自信があれば話は別だけど。

ローンや保険はどうだろう。将来的には精査材料の一つになるかもしれないけど。資格試験などでは「ソーシャル与信」は関係してくるかもしれないな。何しろ自ら公開した履歴書と同じようなものだからね。そう、見方を変えれば履歴書提出が必要な場面では「ソーシャル与信」が用いられる可能性があると見てよいわけだ。

このような話が出てくると「言論統制が云々」というツッコミが入るけど、違うそうじゃないという返しツッコミをしたい。言論は自由。法に抵触しない限り、何を語っても良い。しかしその内容によって、自由に応じた責任や義務を取る必要が生じるだけの話。それは統制でも何でもない。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年11月 1日 07:25に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「投げるタイプの消火弾って実在したのか...」です。

次の記事は「工夫や要領のよさとズルと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30