投げるタイプの消火弾って実在したのか...

| コメント(0)


先日ツイッターで驚いた事案。消防車の放水って距離的に限界があるので、高層ビルとかホースが届かない場所には、ヘリでばらまくか、それができなければ何らかの形で投げ込むようなものが必要なのだろうなあ、例えばドイツ軍の手りゅう弾みたいに投てき距離が伸びる形のような圧縮消火剤を創るとか...というのは前々から考えていた。あるいは発射時のショックで破裂しないような仕組みを作った上て(VT信管みたいだな)砲弾にして火災現場にぶち込むとか。

で、そのコンセプトに近いものがすでにできていた、と。ネーミングそのままで、消火剤が割れて出てくる仕組み。まぁ、書いてある通り防犯用のカラーボールと似たようなもの。

ただこれって、投げるスキルが無いと該当場所に投げ入れることができない。やはりバズーカ砲みたいな投てきツールがあった方がいいのだろうな、狙いを定めやすくて。


アマゾンにもいくつか該当商品があったので、覚え聞き、と。ただこれって万能で超強力な消火弾ってわけじゃないので、過度の期待はしない方がよい。あくまでも予備的なもの、備えレベルのものってことで。

......で。これを調べていた時に。3個入りの方でコメントをいくつか見つけたのだけど。某ユーチューバーが使って消えなかったから詐欺だ的なものがいくつか載っていて、ダイナミックげんなり。使い方そのものが間違ってるとの指摘コメントもあったけど、信者の狂信的な行動はつくづく怖いな、と。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年11月 1日 07:12に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「松屋とすき家で秋の深まりを楽しめるメニューが登場」です。

次の記事は「「ソーシャル与信」という概念」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30