月刊BIG tomorrowの休刊が決まっていた

| コメント(0)


先ほど本家サイトで掲載した【やはり既存のスタイルでは難しいのか...ビジネス・マネー系雑誌部数動向(2017年7月-9月)】の精査をしていた時に気が付いたこと。ポジティブ系というか啓発系のビジネス情報誌月刊BIG tomorrowの印刷証明付き部数が収録されていなかったので、よもやと思って検索していたところ確認できたのが、この休載のお知らせ。

月刊BIG tomorrow本編のサイトにはまだ書かれていないけど、広告出稿周りでは色々とお問題があるので早めに告知しなきゃマズいよね、ということで掲載されていたのだろう。公式サイトにはウェブへのコンテンツ移転掲載などの話も無いので、恐らくは純粋な休刊。雑誌の部数動向を見ても、減少はしていたけれど急激ってほどでもないし、起死回生を狙うだけの余力はまだあったはず。でも休刊。

何か内部的な問題があったのか、それとも他にリソースを割り振るために優先順位が低い月刊BIG tomorrowを止める決断をしたのか。今件だけでは判断が難しいし、恐らくは理由の中身は公開されることはないだろう。でもやっぱりなんだか寂しいよね、ホント。

最終号は買ってもいいかなあ、と思ったりもする。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年11月13日 05:49に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ソーシャルメディアの中身も時代と共に無くなる」です。

次の記事は「ネックマフラーで事態解決・夜中の咳込みは喉冷えからのものだったのかな」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30