牛丼屋さんがおでんを始める時代

| コメント(0)
株式会社すき家本部(本社:東京都港区)が展開する牛丼チェーン「すき家」は、2017年10月18日(水)に、かつおと昆布でだしをとった関東風の「おでん」を新発売します。


具材には、味のしみた大根や柔らかく煮込まれたロールキャベツに加え、ぷりぷりとした歯ごたえを楽しめるこんにゃく、昆布、さつま揚げ、の5品を使用し250円(税込)で提供いたします。


回転寿司屋さんがファミレスみたいになったり、コンビニが食品スーパーみたいになってきたりと、段々と食品系の小売店の境界線があいまいになりつつある今日この頃。牛丼屋さんも結局のところファストフードショップに違いなく、色々と手を出したくなるのは理解できる。まぁ、オペレーションをどうするのかが問題だけど。

で、今回すき家ではじめるのはおでん。牛丼とおでんの関連性はどこにあるのかという感否めないけど、和食系のメニューってことで無理やり合わせているのか、あるいは具材たっぷりな汁物的な感覚なのか。まぁ最近ではスーパーでも温めるだけで食べられるパック式のおでんをよく見かけるし、調理工程は楽だから、その辺りを買われたのかな。鍋物よりも簡単で暖はとれるし。

牛丼とおでん。確かにちょっとリッチ感はある。ただ、灰色系の食材ばかりなので、何か緑ものか赤ものがほしいところ。一応漬物とか卵はあるけど......。1月末に販売終了予定とのことなので、味をチェックしたい人はお早めに。

考えてみればみそ汁の容器に入れて出せるのはポイントが高いな。松屋辺りも便乗して展開してきそうな気がする。ミニおでんセットとかいう名前で。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年10月12日 06:24に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「新聞や有識者の間では「若者はバカ」論が流行りなのだろうか」です。

次の記事は「遠近をハイテクで切り替える未来派眼鏡が登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31