がん治療を政治と絡めて揶揄する新聞記者

| コメント(0)
自民党の保岡興治憲法改正推進本部長(78)は8日、鹿児島市内で記者会見し、10日公示の衆院選に立候補しないと表明した。鹿児島1区での党公認が決まっていたが、精密検査で膵臓(すいぞう)がんが見つかったため、治療を優先すると説明した。党鹿児島県連は8日夜、保岡氏の後継を長男で公設秘書の宏武氏(44)とする方針を決定。9日に党本部に公認申請する。

当方もがんの疑いで検査を受けたことが何度もあるし(今も年一で内視鏡検査を受ける身分)、親族もがんで亡くしているので、この類の病気を、特にがんを揶揄したり政治的に悪用する話には、非常に大きな憤りを覚える。しかも語りが新聞記者によるものであればとなればなおさら。

誰かが「戦前は国のためなら何でも許される、今は政権叩きのためなら何でも許される。そこにどれほどの違いがあるのか」と指摘してきたけど、そういやそんな感じだし、それを扇動したのも同じ新聞だったよな、と思い返すなど。


自身や身近に類似の人が居ればなおさらだけど、そうでなくても語ってよいことと良くないことの分別はできるはず。大人であれば。思うのは自由だけど、それを語るのはやっちゃいけない。やったらやったで相応の報いを受けなきゃいけない。

ツイートは鍵付きで無いオープンアカウントで成されたものは、実質的に公開された情報であり、ブログやウェブサイト、新聞やテレビで発信されたのと同等のもの。語り手の所属との関連も合わせ。改めて言及する。居酒屋での酔っ払いながらの戯言とは違うのだよね。

報道関係者や知識人、有識者の一部には、大企業や与党関係者に対しては如何なる倫理も常識もスルーし、バッシングできる免罪符があると考えているのかもしれない。「自分達は権力を監視する立場だから当然」との考えに基づいたものなのだろう。実はそれこそが、悪しき特権意識でしかないのだけれど。

恐らくはかの人達は罪の意識、悪い事をしているとの認識は微塵もなく、むしろ「良い事、当たり前の事をしてなぜ非難されるのだろう」「自分の善行が非難されるのは、非難する人たちも悪い奴だからだ」と考えているのだろう。まさに、悪質な新興宗教の信者と同じパターン。さらに「世間から非難されることがあっても、私達は正義だから、がんばる。きっといつか評価される」的な、悲劇のヒーロー、ヒロイン的な自覚を持ち、優越感に浸っている可能性すらある。まるで箱舟を創るノアのような気分ですらいるのかも。

しかし弁護士とか新聞記者とか、普通のイメージでは民主主義の体現化、味方、理解者的存在が、民主主義を否定する発言を相次ぎ成すどころか、否定行動を推奨して支援するというのは、どういうことなのだろうかなあ...まぁ、一部が可視化されただけなのだろうけど。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年10月10日 07:29に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「特定方向にしか向けられない正義の刃と抜刀すらされない刀と」です。

次の記事は「レゴで某宅急便の配送車ができました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31