「内部留保」は良いフラグワード

| コメント(0)


2009年の総選挙の時に出てきた「埋蔵金」と似たような、シュールストレミングな香りがするのだけど。昨今「ここからたくさんお金が取れそうだぞ、なんだか悪いやつがため込んでる」的な感じで「内部留保」なる言葉が色々な方面から出ている。結論からいえば「搾取できる的な形で内部留保という言葉を使っている人がいたら、それは経済方面でアレな人だから、考慮外でいいよって判断できるフラグ、リトマス試験紙だよ」なんだけどね。

ということでここ数日ツイッターのタイムラインに挙がった、内部留保(に課税)周りへのツッコミ話をいくつかまとめておくことにした。自分自身の覚え書きやら、後々の資料代わりとして。まぁ、内部留保に関しては数年前「内部留保は全部現金というわけじゃない」って形で某赤い党の方々へのツッコミのイメージイラストを作った記憶もあるのだけど。


まぁ、ものすごくクリティカルな話をすると、「内部留保」云々は2009年の総選挙前に某党から出た「埋蔵金」と同じ。なんだかもやもやしたもので、悪いやつらがお金をしこたまため込んでいて、庶民はそれを奪う権利があると旗を振りかざして人気を集める。内部留保という名前の箱の中身が空っぽでも、箱自身すら無くてもOK。

そう考えると、色々と腑に落ちる所があったりするのだな。数年前に同じような話が出てきた時に、どこが旗を振っていたかを思い返せば以下略。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年10月 9日 08:10に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「一億総報道記者の時代」です。

次の記事は「セーラー服をパジャマで着る時代。よく分からないけどそうらしい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31