文字起こしをするのにiPhoneとiPadを併用してさくっと行うスタイル

| コメント(0)


スマホにしてもタブレット型端末にしても、さまざまな機能を実装した魔法のデジタルボックスみたいなものだから、色々な電子機器の機能を使いこなすことができる。で、それを組み合わせることで、今までは考えもしなかったようなテープ起こし......じゃなくて文字起こしをしているという話。

単純に録音したデータをそのまま音声入力させればいいじゃないかとも思うのだけど、それはまだ精度が低いので、人間がその中継をするというもの。録音した音声データを人間が聞いて、それをそのまま自分で発声し、それを音声認識させてテキスト化。ワープロソフトで打ち込むのは面倒くさいから、聞いた話をそのまま自分で語る。まぁ、自分で認識した言葉をキーボードで変換入力するか、しゃべるかの違いでしかないからね。

確かに現状の技術では、これが一番スマートに思える。

ただこれも、結局のところ音声入力の精度がまだ丸投げするには耐えられないからに過ぎない。簡単な判断ぐらいならできるけど、やはりイントネーションとかも合わせ、識別は難しい。でも技術の進歩によって将来にはさらにスマートな形に、例えば録音した音声データをファイル単位で投げ込むと、その音声部分のテキストが返ってくる的なサービスもできるんじゃないかな。無論完璧なものではないので、人間が最終的にそのテキストに目を通しつつ音声を聴いて校正する必要はあるのだろうけど。

そう、今のグーグル翻訳レベルのやり取りが、将来は音声データでもできる......ようになると思う。ただ、ぶっちゃけると、インタビューそのものをチャットでするようになれば、そのチャットテキストがそのまま使えるから、それの方が便利ではあるのだけどね。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年10月 7日 07:58に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「人工知能による自動運転の判断はどれが正解か、人が道しるべを示そう、的なお話」です。

次の記事は「まんがタイムきらら2017年11月号 読了」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31