牛がUFOに連れ去られる「アブダクション」を再現できる着る毛布

| コメント(0)
フェリシモのユーモア雑貨ブランド『YOU+MORE! [ユーモア]』は、「アブダクションする UFO着る毛布」のウェブ販売を9月14日より開始しました。あたたかいフリース素材の毛布には、アブダクションで連れ去られる牛や家が刺しゅうワッペンで描かれています。アダムスキー型をイメージしたUFOの頭巾をかぶって、毛布の中央にあるファスナーを開ければ、UFOに吸い寄せられて宙に浮く牛や家のデザインが現れます。ちょっとしたパーティの仮装用に一着あれば、注目を集めること間違いなしです。

タイトル部分を書いた時点でよく分からないし、リリースの文章を読み直してもよく分からない。ビジュアルを確認し、ようやく意味が把握できた次第。いわゆる「キャトルミューティレーション」(牛などの動物が体の一部を切り取られ、体液が干からびた状態で見つかるというもの)をするために、未確認飛行物体UFOが牛を謎の科学力で吸い上げるシーン、アブダクションされているところが描かれている。ゲームや映画ではよく登場した場面ではあるけど、現在ではキャトルミューティレーションに関しては野生動物の被害にあって、体液などは地面に吸収されたということらしい。つまりいわゆる都市伝説。

まぁ、重力操作できるぐらいの科学力があるのなら、わざわざ光を放って持ち上げるなんて面倒なことをせず、瞬間移動させても不思議ではないよね、的な。

で、そのアブダクションなシーンを再現できるというのがこの着る毛布。頭の部分がUFOになっていて、胴体部分が照らす明かりと宙に舞う牛......だけじゃなくて木とか家まで持ち上がってるじゃん。

まぁ、ネタとしては面白いし、一発芸の素材としては使えるけど、一回受けたらそれでオシマイだよね、この類のは。普通の着る毛布として十分使えるから特に機能性に問題は無いのだけどね。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年9月25日 07:05に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「グリーンパン」といってもメロンパンでは無くて」です。

次の記事は「竜巻の難を逃れるために自宅のどこに逃げるべきか、そして弾道ミサイルもまた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31