竜巻の難を逃れるために自宅のどこに逃げるべきか、そして弾道ミサイルもまた

| コメント(0)


NWSことアメリカ国立気象局の公式ツイート。竜巻がやってきた時にどこに逃げるべきかについて、室内編としてのお話。英語で書いてあるけどビジュアルで大体わかる。屋根裏は意味が無い。地下室が無い場合は内側の、窓のない部屋に移動。窓がある部屋、外と接している部屋はダメよ、地下室があればそちらへ。可能な限りの非常用品をそこに持ち込んで的な。

まぁこれは竜巻に関して書かれてあるけど、先日大騒ぎとなったJアラートに絡んだ弾道ミサイルに関しても大よそ同じ対応で問題はない。着弾・爆発時の爆風の被害を避けるために、ね。


指摘の通り、爆風と竜巻の風による対策は案外似ている。結局突発的な強風による被害を避けるためにはどうすべきか、ということだからね。日本では米国ほど竜巻の心配をすることはないのだけど、弾道ミサイル周りで知っておくべき知識ではある。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年9月25日 07:14に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「牛がUFOに連れ去られる「アブダクション」を再現できる着る毛布」です。

次の記事は「「自分の信じる正義のためなら何をしても許される」との発想」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31