インチキなお医者さんのシンプルな見分け方

| コメント(0)


無論この三ポイントのチェックをクリアしてもインチキなお医者だったりする可能性はあるのだけど、ふるいにかける上では非常に分かりやすく、適切な指摘。

「がんが消えた治ったとのうたい文句」ってのは、非常にインパクトがあり、目に留まりやすいキャッチーなコピー。がん周りで焦っている人は、言葉通りわらを持つかも気持ちになる。その医者が言葉通りわらでしかないというのに。

「保険が効かない自由診療」ってのは単純にいうと、保険が認められていない色々と怪しげな、医学的に裏付けが成されていないってこと。まぁ大規模な病院における先進医療も原則保険適用外・全額自己負担になるけれど(ただし診察代とか投薬代などは保険対象)。

「体験談」は色々とパターンがある。医者側が勝手にねつ造したり、都合の良い話だけを抽出したり。新聞の読者投稿欄と同レベル。

今件は主にがん周りの話ではあるけど、それに限らず最近当方の出先とか自宅でも、思い当たるようなチラシをよく見かけるようになった。高齢層の比率が増えて、そういう方面の需要が増えてきたのだろうなあ、という推測はできる。まぁ、少しの知識と慎重さがあれば、それらのトラップからは逃れることができるのだけど。

そしてこの図式って、例のWelq問題に始まった、ウェブ上の誤情報問題とか、フェイクニュース周りへの対応姿勢と、あまり変わらなかったりもする。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年9月15日 08:02に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「電波オークション考えようか、というお話」です。

次の記事は「自分で好きなだけ謎肉祭りができる商品が限定販売」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31