電車の中や自転車置き場、日々の生活でちょっと困っていること

| コメント(0)


「けものフレンズ」のかばんちゃんのおかげってわけではなく、その前から浸透しはじめていた感はあるけど、最近リュックサックがオシャレ化して、大人もごく普通に利用する場面を多々見受けるようになった。持ち運びの際の負担が小さくて済むし、荷物もたくさん収められるってのがメリットなのだろう。でも利用している人は分かると思うけど、意外と体積が大きく、しかも自分からは見えない方向に出っ張っているので、あらぬプレッシャーを他人にかけてしまうことがある。電車の中では背中からおろして手に持つぐらいの配慮が欲しい。

で、その配慮をしないでいると、図のような事案が発生する。座席の端に座っている人の頭部に、椅子にもたれかかっている人のかばんが直撃するのだな。図ではコミカルに描いてあるけど、まじでこんな感じになるので、超痛い。うとうとしている時にこれをやられると、なんじゃこりゃーモードに突入する。しかもこれ、かばんをかけている人はほとんど気が付かないからたちが悪い。ほんの少しだけ配慮があれば避けられる話なのだけど。


似たような配慮というか、最近感じている困った状態といえば、この駐輪場の自転車問題。前輪をロックさせて止めるタイプのものなんだけど、自転車の前かごが大型化していたり、大型のチャイルドシートが前や後ろについていると、それらが幅を大きく取ってしまい、隣のロック場所に自転車を差し込むことができなくなってしまう。

多分に駐輪場の構造が、それらの大型かごやチャイルドシート付きの自転車を想定していなかった設計だからなのだろうけど。一番シンプルな解決法は、駐輪場の利用を1つおきにして、使わない部分で空白を余計に取るようにすること。恐らくはこれでチャイルドシートなどの横幅が広い自転車でも問題なく駐輪できる......けど、単純計算で収納能力が半分に減るので、現実的ではない。

とはいえ、広い幅の設備に差し替えるのにもコストがかかる。使えないわけじゃないのだから、新設する場所はともかくとして、既存の場所はわざわざ作り替えることはしないだろう。

風船のように、あるいは変形ロボみたいな感じに、チャイルドシートやかごが織り込めるのなら便利なんだけどな。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年9月12日 07:16に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「シュレディンガーの猫を着てみる」です。

次の記事は「救急隊員が出動の合間にコンビニを利用することについて、是か非か」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30