セブン-イレブンが定期雑誌購読の仕組み「雑誌お取り置きサービス」を開始

| コメント(0)
今回開始するサービスは、「身近な店舗で定期的・継続的に雑誌を購入するニーズ」にお応えすべく、店頭のタブレット端末やインターネットでご注文いただき、継続的に指定された店舗に商品を納品、受け取れるようにしたものです。商品については、セブン‐イレブンのネットワークを活用することで、2,000アイテム以上の定期刊行誌からお選びいただくことができ、発売日にお受け取りいただくことを可能としています。

週刊誌などの定期発刊雑誌は好きな作品が載っていたりすると、毎号調達したくなるもの。最近では電子雑誌版の展開をするところも増えているので、自分のスマホやキンドルなどに落とし込んで読むというスマートなスタイルもありだけど、紙媒体で読みたいと考えている人も多い。でも駅の売店で必ず買えるとは限らないし、鉄道を使っていない人は売店を使えず、本屋も近所に無いし、コンビニでも雑誌をあまり置かなくなったし......という状況に対応するため、というか需要を掘り起こす意味合いも合わせ、創設された仕組み。

要は雑誌を買う人は大抵は定期的に買うのだから、定期的に自店舗に足を運んでもらって買って下さいな、ブツは用意するので、ということ。この本屋ならいつもはこの雑誌を置いていたのに、発売日に行っても置いてなかった、売り切れてたという悲劇はもう起きないわけだ。

雑誌社側にしてみれば確実な紙媒体の顧客を確保できるし、コンビニ側も固定売上と来客者を獲得できる。交通機関駅のそばにあるセブン-イレブンは特に需要が望めるのではないかな。その分、通常の雑誌の棚は縮小する可能性はあるけど。

また、このサービスが普及すると、ますます個人営業の本屋さんはツラくなるだろうなあ、と。雑誌の売上って結構ウェイト大きいからねえ。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年9月14日 06:36に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「電動アシスト付ベビーカーは「軽車両」」なる話」です。

次の記事は「「鳥獣戯画根付これくしょん」にチャレンジ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30