「電動アシスト付ベビーカーは「軽車両」」なる話

| コメント(0)
経済産業省では、産業競争力強化法に基づく「グレーゾーン解消制度」によって、電動アシスト付ベビーカーは道路交通法に定める「小児用の車」に該当せず「軽車両」に該当すると発表した。


事業者から電動アシスト機能を付加した6人乗りベビーカーの道路交通法、道路運送車両法上の取扱いについて確認を求める照会があった。


昨日から騒がれていた電動アシスト付きのベビーカー......というか6人乗りとあるので世帯利用型ではなく、保育園などで用いる、大型の猫車みたいなものだな、が道交法上の軽車両に該当するから車道を走るように云々との話。ぱっと見聞きで違和感を覚えていたのだけど、自動ニュース作成Gでも話が挙がるようになって、改めてなんか変だぞという想いを新たに。

報道はいくつかなされ、専門家の憤慨する記事も出ているけど、一次資料なる経産省の発表リリースが提示されていない。これはもしかして、と調べたところ、案の定。


経産省のプレスリリースは9月7日付。で、内容を見る限り、電動アシスト付きベビーカー全般では無く、照会のあった機種において、軽車両認定するよという話。これをどう解釈すれば電動アシスト付きベビーカーすべてが、となるのだろうか。


ツイートでは2017年1月とあるけど、これは2015年1月の間違い。で、それにある通り、2015年にも同じように特定の電動アシスト付きベビーカーに関わる話が出ていて、そこで具体的な仕様を挙げて、その条件に合致すれば「小児用の車」に該当し、これを通行させている者は歩行者とみなされるとしているのだよね。

まぁ、9月7日付の通達の方で、具体的な車種を挙げなかったことへのツッコミが入っているけど、これは風評被害を避けるための配慮だと考えられる。第一、文面を読めば「該当」と繰り返し書いてあることから、「グレーゾーン解消制度」の意義も合わせ、全部の電動アシスト付きベビーカーではないってのは容易に理解できそうなものだけどな。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年9月13日 08:02に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「豊かな畑を作りたいのなら、相応なリソースを投入すべし」です。

次の記事は「セブン-イレブンが定期雑誌購読の仕組み「雑誌お取り置きサービス」を開始」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30