最新版「国民生活に関する世論調査」での現在の生活への満足派の動向

| コメント(0)


先日ちょいと取り上げた、内閣府の世論調査による「現在の生活に満足している人の割合」の話。月曜に詳細値がネット上でも公開されたので、その確認。本家サイトでの精査は来週ぐらいになるかも。しかも「現在の生活に満足している」云々はこれまで取り上げて無かったので、新規立ち上げかな。

で、属性別に色々と確認してみることにする。居住地域別ではほとんど変わり無し。


年齢階層別では若年層が高めで中堅層が低い。高齢層が一番高いかなあと思っていたので、ちょっと意外。中堅層が低いのは指摘の通り養育費やらリストラの問題が確率論的にかぶってくるのだろう。

就業上の地位別では学生が高く、自営業者や無職が低め。雇用者が全体値より高めってのも意外。賃金がダイナミックに変わるわけではないのだけど。一方職業別では管理職や専門職、事務職などが高く、ブルーカラー系がやや低め。仕事が多忙で大変になっているのかもしれない。


最後に話題に登った、全体値の経年変化。心境的なものだから数字的な経済指標にそのまま連動するとは言い難いのだけど、大よそ景況感とは近しい感じはある。数%の動きは誤差と見ても良いので、単年の動向では無くて中期的な流れを見るのが大切。

まぁ、最高値云々っていってもまだ単年なので、イレギュラーかもしれない。ただ、色々な属性で増加の動きがあるので、単なる異常値とも言い難い。次年度以降の動向を見極めたいことに変わりはないけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年8月29日 06:50に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「まんがタイムきららキャラット2017年10月号 読了」です。

次の記事は「最新版「国民生活に関する世論調査」での去年と比べた生活の向上感の動向」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31