松屋フーズが新業態の中華食堂「松軒(まつけん)」を開店

| コメント(0)
2017年8月22日(火)11時より、新業態「松軒(まつけん)中華食堂」を京王線千歳烏山駅北口に開店いたします!


松軒中華食堂は、「こだわりの味わいをお手軽に。『みんなの食卓でありたい』」というコンセプトの基、厳選された素材やこだわりのスープなどを使用した健康的かつ本格的中華メニューを手軽な価格で日常的にご利用いただける中華食堂です。


牛丼御三家の中では大衆食堂的なポジションに近く、メニューもどちらかといえばこてこて系の、いかにも庶民向けの濃い目な、ご飯が進み過ぎるものが多い松屋。最近では親会社が別途形式で展開する揚げ物系店舗「松乃屋」などが堅調で、店舗数も増やしていることから、牛丼だけでなく類似の他業種でも色々とトライして、外食と中食の浸透展開を目さしているのだろうなあという感はある(見方を変えると、食の多様化などで牛丼だけでは現状が天井に近いとの認識があるのかもしれない)。

で、今回松屋が始めた新しい業態ってのが、中華食堂。この発想は無かったわ。「みんなの食卓でありたい」ってコンセプトは松屋フーズが展開する店舗全部がそうじゃないかな?という感じもするので、要は牛丼、フライの次に中華方面へちょいと足を踏み込んでみたという雰囲気。威力偵察みたいなもの。そして塩梅がよければ、とんかつ業態のようにどんどんと広げていくって感じかな。

メニューで公開されているのはラーメンと生姜焼き定食、チャーシュー、生ビール......とあるので、あれ、これって幸楽苑とかハイデイ日高などのような、サラリーマン向けの中華系食堂的なものなのかな、という雰囲気が。これにぎょうざとチャーハンがあれば完璧だよね。

恐らくはそう遠くないうちにメニュー一覧も出てくるだろうから、それを見てみたいところではある。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年8月19日 07:07に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「コンビニの中華まんやおでんなどがよく売れているそうな」です。

次の記事は「一から十まで全部覚えておく必要は無い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30