人手不足の中身とその実情と

| コメント(0)


これは景気ウォッチャーに関する記事でも繰り返し言及しているけど、「人手不足」という言葉には色々な意味が内包されており、イメージだけで振り回されちゃいけないってのが実情。人手不足が生じているってことは、ミスマッチの問題も多分にあるけど、少なくとも失業率は改善していることになる。人余りがさほど生じていない、人材の募集が多々あり、仕事につきたいけど仕事が無くて頭を抱えているケースが少なくなっている。

で、人手不足が生じていて、それでも失業率がゼロでない、失業者が一定数いる場合、何が問題なのか。できること・できないこと・したいことのミスマッチとか、技術面での問題とか、場所の兼ね合わせとか、色々とあるけど、その要素の一つが労働環境。

先のセブン-イレブンでの保育所の新設のように、「働きたいけど子供を預ける場所が無くて......」ということで、働けない人もいる。そのような人にとって、件の施策は願ったりかなったり。つまり、企業にとって人手不足を解消したいのなら、自らの手をより遠くに、より低い場所に差し出す必要がある。労働環境の整備や、賃金の引き上げなどをして、働きやすい、良い条件を提示しなきゃならない。労働力の市場関係は、すでに変化を遂げている。ライバル店が多数近所に出店してきたら、サービスを充実したり良い商品をそろえたり、品ぞろえを豊富にしたリ、値引きしないとやっていけなくなるのと同じ。

それほど難しい話じゃない。人手不足云々というのなら、賃金などの雇用環境の改善を推し量らねばならない。それをした上で、それでもまだ人手不足だというのだろうか。日本における「人手不足」の話には、その部分の論説が多分に欠けている。

賃金周りの話、最初は職を失っていた人が職についたので、全体としての賃金上昇には数字として出てこないってのは実のところ、ここ数年の日本と同じ状況。「実質賃金(の全体平均)」としてここしばらく騒がれていて、最近になってぴたりと止んだアレ。これも実はこれまで職に就けなかった人とかが職につけるようになったり、定年退職をした人が非正規で再雇用されたので、均して計算すると賃金が横ばいだったり、下手をすると下がってしまう。

その辺りはちょいと情報をたどれば、そちら方面の専門家ならばすぐに分かるはずなのだけど。そういう話はウケが良くないし、叩きには使えないからねえ。悲しい話には違いない。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年8月12日 07:49に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「ギガが減る」という言葉の変容」です。

次の記事は「まともで面白い医療健康本が欲しい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30