米国での対大統領への報道姿勢、やりすぎか生ぬるいか、その結果は......

| コメント(0)


フェイクニュースを成した側がネットのジャンク情報に責任を放り投げて、自らはフェイクニュースを糾弾すると宣言しながら、いまだに印象操作をはじめとしたフェイクなニュースを展開し続けている米国の報道界隈。その姿勢に米国民はどのような印象を抱いているのか。米大統領への追及(?)姿勢に関する調査結果。

全体ではちょうどよいが3割程度、残りはやりすぎと生ぬるいが半分ずつ。今年に入って3回調査が実施されているけど、傾向だった動きはなく、誤差の範囲。


中身はというと、大よそ想像の通り。米大統領の所属政党である共和党支持者は多分がやりすぎだとの回答で、反対する民主党支持者は生ぬるいとの意見が過半数、中立派の人は生ぬるい・ちょうどよい・やりすぎがほぼ同率。要は、支持政党によって報道姿勢の見え方が違っているということ。見方を変えると、政派性が色濃く出る報道姿勢の上での報道が成されていると考えても良い。

日本の一部の報道関係者から「米メディアが結託してトランプ氏を追及している。でも日本はダメだ」的な論調も聞かれるけど。実情は語られているようなクリーンなものでは無いのだよね。体制側は絶対に悪だから、その絶対悪に対抗する我々報道は絶対に正義、どのような手法でも正義の刃だから正当化されるってのは、前世紀半ばぐらいまでの常識でしかないのだよね。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年8月 8日 07:41に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「ドラゴンクエストXI」が国内だけで300万本突破との話」です。

次の記事は「趣味なデザインのつえとかお薬手帳とか診察券入れとか、そろそろ登場しそうだよね」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31