編集者の意味と存在意義と

| コメント(0)


大元になる話が削除されてしまっているので補足すると、ある作家に編集者が「創作投稿サイトに投稿をしてください。一定数の評価があれば書籍化しよう」と持ち掛けたというもの。ネット界隈で人気が出る、リサーチがなされていれば書籍化されてもそれなりの売上が見込めるだろうからとの目論見なのだろうけど、そこに編集者の意味はあるのか、その創作投稿サイトの管理側の人ではないのだから、投稿した作家がどこに書籍化を持ち掛けても意味はないよね、という感が。

作家側が本当にその編集者の属する出版社からこそ出したいという思惑があるのならいざしらず。


このへんの話を一側面から鋭く分析...というか解説したのがこの指摘。要は「投稿サイトで人気が出たら(出版した時の売れ残りリスクが低くなるから)うちで出してあげる」という話ってのは、編集者の仕事を丸投げしているのに他ならない。昨今ではαポリスをはじめとして、自社内でウェブコミックなどを掲載し、調子が良い≒市場調査の結果として人気が出ていることが分かる作品を優先的に書籍化するパターンが出てるけど、これって結局は雑誌による披露と読者アンケートによる市場調査をウェブに移行しただけの話。ウェブ掲載時も担当編集はつくし、色々とサポートもしてくれる。創作投稿サイトの場合はそれが無いから(一般投稿の限りでは)玉石混淆になる。絵師向けの投稿サイトも似たようなもので、担当が付く云々ってのは無い。

で、投稿サイトに丸投げして良いものを抽出するってのは、指摘の通り、在野でたまたま上手く育ったものを拾い上げるだけなので、芽が出ている・芽が出そうな、けれどまだ育っていないものが腐ってしまうことになりかねない。生まれた子供を野原に投げ捨てて、一人で育った人だけを向かい入れるような社会。自分で書いてて「ひでぇな、それ」と思ったよ、さすがに。

「だってお金ないしー、リソース足りないしー、しかたないじゃーん」と、丸投げな編集スタイルを良しとするのなら、それもまた選択肢の一つだろう。ただその先には、編集者自身の存在意義はどれほどのものになるのか。編集者も、その上に居る人たちもよく考えた方が良いと思う。景気が悪いからと中途採用のみで充足して新卒を取り入れなかったら、その層の人材が枯渇するのと状況と同じ。


話はちょいと脇道、蛇足感もあるけど、似たような部分もあるので。この指摘は確かにその通り。紙媒体の印税は契約にもよるけど、初版は売れ残っても出版社側が買い取りでまとめて印税が支払われる。二刷り以降は少数ずつ刷ったり、売れ残りが多そうな場合は確実に売れた分だけ印税が...ってこともあるけど。これはケースバイケース。初版を全部買い取りってのは、原稿・描き下ろし・調整作業料の意味合いもあるのだな。全編描き下ろしの小説などの場合はほぼ原稿料みたいなもの。

他方、電子書籍・雑誌の場合は指摘の通り、デジタルで販売数ががっつりと出る。売れる時は品切れとか重版とかのタイムラグを気にすることなく、スロットの数字のようにガチャガチャと販売数と振込額が上昇していくのを堪能できるし、しばらく経ってからも少しずつ、確実に売れていくのをありがたく感じられるけど。育つ課程にある作家が兵糧切れを起こしやすくなるのも事実。スタート後の助走段階が長い人もいるけど、そういう人が育たなくなってしまう。

それが世の定めというのならそれでオシマイなのだけど、それはそれで理不尽な気もしてならない。何か良い仕組みがないかなあとは思うのだけど。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年7月25日 07:56に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ジェネリックうなぎを色々と」です。

次の記事は「プレミアムフライデーのごほうびケーキがセブンから」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31