ツイッターの通知がもっとコントロールしやすくなる、そして......

| コメント(0)
米Twitter Inc.は11日(日本時間)、"Twitter"の通知を改善したことを明らかにした。特定のタイプのアカウントから通知が届くのを防止する"詳細フィルター"機能が強化され、あらたに[フォローされていないアカウント]と[新しいアカウントを作成]という2つのオプションが選択できるようになった。

ツイッターでは自分のアカウントやツイート絡みで何か動きがあると「●×がありましたよー」と教えてくれるのだけど、数が増えてくると非常にウザったくなってくる。漫画で超能力を身に着けた主人公が、周囲の人の考えがすべて頭の中に入ってきて処理しきれなくなるような、そんな感じ。

で、色々と条件付けをして該当する通知をきっぱりと切り捨ててくれるフィルタがあるのだけど、今回そのフィルタに「フォローされていないアカウント」「新しいアカウントを作成」が加わった。後者はどれぐらいの期間で「新しいアカウント」と判断するのかは分からないのだけど、今のところは「捨て垢レベルの新しさ」と見ればよいのかな。


で、前後してこんな話が出てきたのだけど、今回のフィルタ条件の追加で、この傾向をさらに強めることもできるかな、と。要は喧嘩を売ってくるような相手を機械的に無視できるようになる、と。

まぁ、あくまでもツイッターとてツールでしかなく。それをどのように使うかは人それぞれというわけだ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年7月12日 06:43に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ピカチュウがマックフルーリーになるよ」です。

次の記事は「企業の公式ソーシャルメディアアカウントを擬人化して運用するのは無理があるのかも」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31