ついにスーファミも復刻版「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」が登場

| コメント(0)
任天堂株式会社(本社:京都市南区、代表取締役社長:君島達己)は、家庭用ゲーム機「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」を、2017年10月5日(木)、メーカー希望小売価格7,980円(税別)にて発売いたします。


「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」は、1990年に発売した家庭用ゲーム機「スーパーファミコン」の本体をコンパクトなサイズに仕上げ、「スーパーファミコン」用の豊富なゲームラインナップの中から選んだ21タイトルをあらかじめ収録したゲーム機です。付属する2個のコントローラーはサイズもボタンの配置も「スーパーファミコン」のコントローラーを再現しましたので、1990年代と変わらない操作性でゲームプレイをお楽しみいただけます。


ちょいと前に登場した、ファミコンのミニ版「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」ができるのなら、スーパーファミコンも可能なはずだと思っていた人は多いはず。今回それがついに実現した形。しかも今件では、ミニファミコンでは不評だったコントローラーに関する改善がなされていて、サイズは当時のままなので操作性もバッチリ。

「スーパーファミコン用のカセットを差し込んで遊ぶことや、ダウンロードなどでタイトルを追加することはできません」とあるので追加タイトルを楽しむことはできないけど、21タイトルもあれば数年は遊び倒せるね、きっと。


国内外のタイトル比較。個人的には「マザー2」が入ってなかったのは残念かなという気がするけど、その代わり「ファイアーエムブレム」が入っているので良しとするか。まぁ、シミュレーション系のがもう一つぐらい入ってると良かったんだけどねえ......。あるいは「クロノトリガー」とか。

 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」が発表されたことで、ゲームファンが騒然としています。本体そのものはもちろん何よりも驚きなのが、完成しながらも未発売となっていた「スターフォックス2」の収録。長らく「幻のゲーム」とされてきた作品が遊べるとあって、海外版発表時はTwitterにトレンド入りし、執筆時点でもYahoo!リアルタイム検索で話題のキーワードに入っています。

リリースでも言及されているけど、開発されていたものの結局発売はされなかった「スターフォックス2」が収録されているってことで、むしろ本体の展開以上の騒ぎとなっている。正規をまたいだ上での展開ってのも、滅多にない話には違いなく。

スマホ主流の現在で、どこまでセールスが伸びるか、ちょいと気になるところではある。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年6月28日 06:44に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「このような状況にある」と「こうしてほしい」と」です。

次の記事は「「『貧困化ニッポン』の実態」の実態」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31