フリーズドライの進化のかたちを見た瞬間

| コメント(0)


左側は何らかの固形物。そして右側はお湯でそれを戻した結果。カップラーメンなどカップ系のインスタント食品の具材でよく見かけるものだけど、これって合成か何か、あるいはまったく別物を並べて撮っただけじゃないのかな、とすら思ってしまう。でもそういうことをしそうなアカウントの人ではないし、第一それをする意味が無い。


で、確認したら実在した。フリーズドライを得意分野とするアマノフーズという会社の商品で、他にも親子丼とか茄子の味噌汁とか多種多様なものを商品化している。まだレトルト系とかスープの類なら分かるのだけど、よもや親子丼、さらにはかつ丼の類までフリーズドライで出来る時代なのか......。

これって単に調理が面倒くさい時にはスペシャルお役立ちアイテムに違いないのだけど、それ以上に例えばお弁当などでも重宝しそうな気がする。お湯を持ってくればいいんだし、ね。色々な可能性が見えてきそうだ。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年6月27日 06:54に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「その場限りの思い付きや方便が通用する演説と、それが通用しないネット時代と」です。

次の記事は「今自宅にFAX端末があるか、使っているか否か」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31