レゴのニンジャゴーの映画に合わせた新作がニンジャスレイヤー感満点

| コメント(0)


日本では9月末から放映される、レゴのニンジャゴーシリーズの世界観をベースに、キャラなどもレゴ的なもので創られている映画「レゴニンジャゴー ザ・ムービー」。その映画に合わせる形で、レゴそのものでも新作が続々登場するとのことで、そのパッケージデザインや中身などが公開された。

当然レゴそのものではあるのだけど、世界観がもうアレだ、ニンジャスレイヤーそのものなんだな。元々ニンジャゴーの世界が日本というよりは香港的なアジアンテイストごちゃごちゃの感じがあったのだけど、それがさらに色濃くなっている。そこに忍者が飛び交い、なぜかロボットの類がぞろぞろ出てくるものだから、まさにニンジャスレイヤー的な。


一応雰囲気としてはニンジャってぽいところもあるけど、巨大ロボットそのものだよねぇ。海外の人が日本だの忍者だののイメージをすると、こんな感じなのだろうけど。まぁ日本でもアメリカっていうといつもバーベキューをしてベーコンを食べてガハハハハと笑いながらハンバーガーとコーラをたしなむってイメージがあるのと同じなのかな。


個人的にはセットに含まれているフスマとか日本語っぽいパネルとか、色々な一般人のフィギュアが欲しいところ。バラで調達できれば安上がりなのだけど......。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年6月22日 06:41に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「カップヌードルの具材に「白い謎肉」が新登場」です。

次の記事は「ツイッターの組織公式アカウントのツイート内容の行儀悪さと、それを「問題」として追及する抽出と」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31