今の報道界隈とストレートニュースと「大本営発表」と

| コメント(0)


戦中の「大本営発表」は昨今では「一次ソース、特に権力側が事実に色々と都合の良い情報を盛りこんで虚言を垂れ流す」という意味合いで語られている。しかしながら大元は、一次ソースの直による発表という意味合いでしかない。戦争後半になってくると色々と厭戦気分を出さないために歪曲した情報も流していたけど(そのうち少なからずは現場部隊の情報の収集、戦果報告そのものに問題があった事も合わせ記しておく)。

で、昨今の報道界隈の「分かりやすいかもしれないけど正しくない、歪曲している」ってのは、むしろ報道自身が「大本営発表」と化してしまっているのではないかな、という感はある。報道内容をトリガーとして、一次ソースに当たらないと本当の意味が分からない、曲解した内容を習得してしまう。まるで2ちゃんねるのまとめサイト的な立場でしかない。

蛇口をひねっても水ではなくて泥水や墨汁、海水が出てくるような水道は要らない。欲しいのは真水。


「大本営発表」なる言い回しの解釈というか現状での意味がネガティブなものとなっているので正直語弊があるのは否めないのだけど、要はストレートなニュースが欲しいってこと。蛇口をひねったら水が流れるようにしてほしい。

変なものを蛇口側の都合で加えたり差し替えたりしないでほしい。墨汁が欲しいのならちゃんと文房具店に行って買うからさ。「筆を使ってほしいから墨汁を流しましたよ」っていう配慮や押しつけは要らないんだ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年6月20日 07:55に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「イケアがすごい料理レシピペーパー「Cook This Page」を作り上げた」です。

次の記事は「吉野家の新作は「とろろセット」。朝食限定じゃないよ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31