ソーシャルゲームの課金で破産したら自己破産できるのか

| コメント(0)


ソーシャルゲームに夢中になりすぎてもりもり課金しまくって、生活費まで投入してしまい収入も減退して自己破産するしかない。でもゲームで課金したのが原因で自己破産できるのだろうか。一昔前なら鼻で笑われたであろうネタだが、最近ではあながち笑い話で済まないとのことで、ちょいと調べてみた。

弁護士会の最新の調査は2014年分なのでちょいと古いけど、それによるとソーシャルゲーム云々って事案は無い。そりゃそうか。該当するとすればギャンブルか、クレカ購入かな。いずれにせよ多数では無い。生活苦・低所得、病気・医療費、失業・転職、そして住宅購入が上位。


で、どうやら同じ疑問を持つ人が大勢いるようで、事案も結構あるらしい。結論としては、ソシャゲで破産しても免責されないとは限らない。ケースバイケースであるとの話。要は状況を見て判断されるってことだな。

とはいえ、仮に免責されても色々とペナルティが生じることに変わりは無い。やはりソシャゲで破産申告しなきゃならないようなほどに没頭しないのが一番......ではあるのだけど。それってよく考えたら、競馬やパチンコで破産しないようにというのと同じで、ギャンブルの魔力に負けちゃう人はどこにでもいるからなあ......。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年6月19日 06:56に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「カエルの虫よけが素晴らしい出来栄え」です。

次の記事は「ネットゲームと動画とコミュニケーションと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31