カエルの虫よけが素晴らしい出来栄え

| コメント(0)


以前似たようなものを紹介した記憶もある、カエルをモチーフにした虫よけ。このデザインだとよくよく考えたらカエル部分ってまったく要らないよね、という感もあるのだけど、商品名などを考えるとこのカエルこそが本体なのだろう(待て)。あるいは夜中になるとカエルの目からビームが放たれるのかもしれない(それはない)。


で、この虫よけアイテムの商品名は「蛙田よけ太郎」。肩書は虫よけ芳香課課長。「カエルダフォレスト」って何だろうと検索したけど、諸仏の名前としては全然見つからず、商品紹介のところでさわやか系とのみ説明。カエルが居るような森の香りってことなんだろうな。

虫よけそのものは特に必要が無いのだけど、アロマ的な意味合いもありそうなので、ちょいと見かけたら買ってみようかな、と思ったりもする。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年6月19日 06:45に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「ポスト真実」より欲しい、報道に求めているのは「単純な事実」」です。

次の記事は「ソーシャルゲームの課金で破産したら自己破産できるのか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31