「食べないでください!」的なガリガリ君味の歯磨き粉

| コメント(0)
ライオン株式会社(代表取締役社長・濱 逸夫)は、子どもに人気のアイスキャンディー「ガリガリ君」の香味とキャラクターを採用した『ライオンこども ハミガキ ガリガリ君ソーダ香味』と『ライオンこども ハミガキ ガリガリ君コーラ香味』を2017年6月30日(金)より数量限定で発売いたします。

歯磨き粉にガリガリ君の味わいをコラボする形で組み合わせ、パッケージにもそれっぽいガリガリ君の歯みがきの様子をプリントさせる、ライオンの子供向け歯磨き粉。ここ数年は毎年展開していて、薬局などでよく見かけるようになった。ガリガリ君そのものと間違えて食べちゃう子供もいるのかもしれないなあ、と思いながら、どうして食べ物とのコラボをするのかちょいと不思議に。可愛い系キャラとか有名キャラとかなら知名度とのリンケージがあるのだろうけど。

で、リリースをよく見てみたらこんな表記が。

『ライオンこども ハミガキ』は発売以来、子どもが楽しく歯みがきできるように工夫を重ねています。(中略)子どもが「楽しんで歯みがきできる」「自発的に歯みがきできる」と高い評価をいただいています。(中略)当社は、子どもが楽しく自発的にできる歯みがき習慣を応援します。

なるほど。子供にとってもなじみ深いキャラクタと味わいの歯磨き粉を作ることで、子供が自発的に歯みがきをするように誘導しているわけか。確かにわずか数分ではあるし、痛みを感じるのでもないけど、歯を磨くのは面倒くさいってのは理解できる。歯みがきを楽しいものだと習慣づけさせるのには、身近で美味しい≒楽しい、積極的にやりたいとの動機付けをさせるのが一番か。禁煙ガムに方向性が近いかな。

ともあれ、こういう切り口の趣旨を知ると、ますます好感が持てるようになる。当方自身は買う必要もないけれど、歯磨きを覚える年頃の子供が居る人には良いかもしれないね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年6月16日 06:56に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ミスドでカレーパン...じゃなくてドーナツカレー、本日から発売開始」です。

次の記事は「ツイッターの表示形式がダイナミックに変わっていた件」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31