パンケーキ屋さんにアタックした時のおじさまのテンショングラフ

| コメント(0)


実は当方も大病で入院してから、以前と比べるとこってり系が随分と苦手になってしまった。写真を見ると食欲は十分以上に沸くことに違いはないのだけど、いざ口にすると「妙な食の取り方をするとまた体が......」という怖さもあるし、体質そのものがちょいと変化してしまったようで、以前のようなハイテンションぶりがなかなか沸き上がらず、逆に負担を覚えるようになった。

なので、このテンショングラフは非常にあるある話が脳内をコサックダンスしている感じになる。まぁ、吐き気を覚えるまでには至らないけど。それと同時に、高いテンションってのは多分に見た目や事前のイメージで構築されるということ、幕の内弁当のビジュアルのきらびやかさとあっさりなものが多い構成、そして量の今一つさってのは、このテンショングラフが裏付けしているのだよなあと理解したりする。


脂肪に限らず、脂身というか体に負担がかかりそうなものへの弱さっては、体質的によくわかる。たまに食べたいけど量は要らないよね、的な。

見方を変えると先日ちょいと話題に登った、居酒屋でフライドポテトを頼んで「学生気分でいるな」云々ってのも、そういう脂っこいものを平気でもりもり食べられる若年層への妬みがあったりするのかなとも思ったりして。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年6月 5日 07:15に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「雲仙普賢岳噴火における犠牲者の実情と」です。

次の記事は「「パスタの水切り器」をかぶった写真でも宗教的なものだから免許証の写真に使ってオッケーという米国のお話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31