「古銭コレクションミュージアム」調達

| コメント(0)


最近はなかなか心を揺さぶられるアイテムが新商品として発表されなかったり、あっても自分の行動領域では見かけることなく時が過ぎてしまうばかりで、なかなかトライの機会が無いカプセルガチャ。先日、出先でようやく「これはやってみたい」というものに遭遇した。それかこの「古銭コレクションミュージアム」。

要は昔の貨幣のレプリカを玩具化したものだけど、この類のって何だか妙に憧れを抱いてしまうんだよね。ということで早速2回ほどチャレンジ。小判はともかく、明治の金貨が欲しいなあ、的な。


で、カプセルの中身はこの通り、明治は明治でも一分銀と相成りました。あとは万延二朱判金。江戸時代の小柄な金貨みたいなもの、という認識でいいのかな。無論材質も金とか銀ではなくニッケルやら真鍮やら銅の類のもの。まぁ、それっぽいからいいけどね。

それにしても、一分銀は実寸の3/4ほどだというけど、万延二朱判金はほぼ実物と同じサイズだという。超小さいんだよね、これが。そういや時代劇に出てくる二朱金もやたらと小さかったな。ちなみに二朱ってのは1/8両、1/2分に相当するんだそうな。

実物もちょいと欲しくなったけど、価格を見たらこれは無理っぽいかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年6月 2日 07:05に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ついっぷる終了後のセルフサーチをどうしようか」です。

次の記事は「特区の廃止提言と8年前の補正予算のムダ認定と」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31