学校のクラス人数の実情

| コメント(1)


先日教職員の勤務動向に関する話に合わせ、教員数の人数が不足しているのでクラス当たりの生徒数が多く、負担が大きい、先進国では標準は25人学級云々との話が出てきた。その25人云々ってのがどこから抽出したなのかな(恐らくはOECDのデータだろう)とかいうのはさておくとして。

実状、2016年度においてはこんな感じ。小学校で24.17人、中学校で28.34人。もちろんこれは平均値なので、これより多い人数を抱えているクラスもあるけど、その分少ないクラスもある。比較対象されている他国の値も平均化されたものだろうから、条件は変わらない。しかもグラフにある通り、毎年じわりとクラス人数は減退中。

大元の指摘では「クラスに40人」との文言を目に留めたのだけど、いったいいつ頃の情報なのだろうかと思ったりもする。中学校なら1970年台、小学校なら1960年台の話となるのかな。

ともあれ日本においても昔と比べれば、クラス当たりの人数はずいぶんと減っていることに違いはない、と。

            

コメント(1)

通常学級の標準(1クラスあたり人数がこれを超えるときは、新クラス設置を考慮)が40人だからじゃないですか?
これを減らすべきとの意見があるようです。

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/hensei/007/1292450.htm

コメントする

            

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年5月18日 07:29に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「京都水族館のすいぞくパンがステキナイス」です。

次の記事は「216円で細かい器材を容易に扱えるツールが作れるという話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31